セロトニンとうつ病

セロトニンがストレスによって減少傾向にあれば、心と体のバランスを失うことがあります。その結果、病気になってしまうことがあるのです。セロトニンが不足することで起こる病気で葉「うつ病」があげられます。うつ病は、極端にセロトニンの分泌が少なくなって現れる病気です。

セロトニンとうつ病の関係

太陽の光に当たることなく、適度な運動もしなかった場合、極端にセロトニンの数が減少してしまいます。

うつ病の症状を改善させたい場合には、セロトニンの数を増やせばいいのです。ただし、うつ病になった原因は、セロトニンの減少のみではない場合もあります。

気分の落ち込みが激しい場合、不安感が強く現れる場合、強迫観念が現れる場合等は、専門の医師に相談することで、最適な治療を行うことが出来るでしょう。

うつ病イメージ

軽いうつ病の症状の場合には、セロトニントレーニングを行うことで、うつ病が解消されることがあるようです。

また、セロトニントレーニングを行って、セロトニンを強くすることは、認知症を予防する効果もあると考えられています。

認知症は、脳が老化することで現れてくる症状です。加齢とともに現れてくる場合があるのです。短時間でもよいので、毎日セロトニントレーニングを行うことで、心と体が健康的になり、若々しくいられることが出来ます。そして、脳や若々しくなるので、認知症を防ぐ効果があるのです。

セロトニンを強くすることは、うつ病を抑えるだけでなく、老化も防ぐことが出来るのです。脳を若々しく保ち、体も若々しさを保つことが出来るのです。

HOME | セロトニンと姿勢の関係 | セロトニンと自律神経 | セロトニンとうつ病 | 朝食でセロトニンを分泌 |
呼吸でセロトニンを活性化 | 家事でセロトニンを活性化 | セロトニンを増やすには

 

Copyright セロトニンのすべてがわかる All rights reserved.

privacy