セロトニンと姿勢

セロトニンが欠乏している人は姿勢が悪くなります。逆にセロトニンが活性化されている人は、顔色もよく、姿勢もいいですし、顔にも張りがあり、見るからに健康的です。

セロトニンと姿勢の関係

セロトニンと抗重力筋に波深い関係があります。抗重力筋とは、首筋、背骨の周囲、下肢の筋肉、まぶた、顔面の筋肉等です。眠っているときはこれらの筋肉は休んでいますが、人が起きているときには、これらの筋肉は常に働いています。

まぶたや顔面に筋肉は、顔にしまりを与えます。首筋や背骨の筋肉は姿勢を正しく保つために大切な役割をしています。

セロトニンは、首筋、背骨の周囲、下肢の筋肉、まぶた、顔面の筋肉等筋肉に対し、運動神経のレベルを上げる働きをしています。ですから、セロトニンが活性化されているときには、背筋がピンとしていて、顔にもハリがあるのです。

セロトニンイメージ

セロトニンは夜には分泌されることはありません。暗い夜には、セロトニンは抑えられた状態になってるのです。

しかし、太陽が昇って、朝の光が差し込んでくると、光が脳に刺激を与えます。光の刺激を受けた脳は、セロトニンを分泌始めるのです。太陽穂に仮を受けることで、活発にセロトニンは放出されるようになるのです。

セロトニンが分泌し始めれば、目がさえてきます。思考力や集中力も高まっていくのです。良い朝を迎えられるということは、1日の始まりが良いスタートを切ることにつながります。セロトニンの活発な分泌が、快適な1日のスタートにつながっているのです。

セロトニンの材料は、必須アミノ酸の一種であるトリプトファンです。これは、バナナ、牛乳、チーズ、などの乳製品や小麦、大豆、ゴマ等にも含まれています。

このトリプトファンが消化管から入ってくることで、セロトニンを合成させる力が増すのです。

HOME | セロトニンと姿勢の関係 | セロトニンと自律神経 | セロトニンとうつ病 | 朝食でセロトニンを分泌 |
呼吸でセロトニンを活性化 | 家事でセロトニンを活性化 | セロトニンを増やすには

 

Copyright セロトニンのすべてがわかる All rights reserved.

privacy