セロトニンを活性化させる呼吸法

呼吸を変えることで心は調節することが出来ます。呼吸法で「腹式呼吸」があります。腹式呼吸は、横隔膜を使った呼吸方法です。腹式呼吸をすることは、リズム運動にもつながりますので、セロトニンを活性化に効果があります。

セロトニンを活性化させる呼吸法(つづき)

私達が生きていくうえで、無意識的に行っている事があります。そのひとつが「呼吸」です。この呼吸は心の状態を映し出すときがあります。

安心したときや休むときなど人は「ハー」と長い息をつきます。びっくりしたとき、意識を集中しているとき等は一瞬息を止めているときがあります。

また、緊張が高まれば、人は呼吸が速くなります。意識しているわけではないのですが、結果として呼吸が変化しているのです。

この原理を利用して、呼吸を変えることで心は調節することが出来るというわけです。

セロトニンイメージ

セロトニンを活性化に効果がある腹式呼吸の方法は、先ず、肺の中の空気をすべて吐ききります。下腹に手を置いて意識を集中して、空気を吐ききるのです。そして、腹筋を緩めてスッと息を吸います。

腹式呼吸を行うときの姿勢はどのような姿勢でもかまいません。座っているときでも立っているときでも結構です。

座っているときには、体がふらつかないように座禅を組むことも一つの方法です。また、立っているときには、体がふらつかないように重心を体の中心に持ってくるように意識を集中します。

この状態で、腹筋をリズミカルに使って腹式呼吸をしてみてください。この運動が、セロトニンの活性化に有効です。ポイントは、腹筋をリズミカルに運動させることです。

HOME | セロトニンと姿勢の関係 | セロトニンと自律神経 | セロトニンとうつ病 | 朝食でセロトニンを分泌 |
呼吸でセロトニンを活性化 | 家事でセロトニンを活性化 | セロトニンを増やすには

 

Copyright セロトニンのすべてがわかる All rights reserved.

privacy