セロトニンと自律神経

セロトニンは自律神経にも深く関与しています。自律神経とは、内臓や血管、呼吸等を管理している大切な神経です。この自律神経は体の機能を正しく保つために必要なものなのです。

セロトニンと自律神経の関係

自律神経は交感神経と副交感神経によって、バランスを取って成り立っています。自律神経は体内のバランスを取るために、起きているときには交感神経が働き、眠っているときやリラックスしているときには、副交感神経が主に働いているのです。このバランスが崩れると体に不調を感じるようになります。

自律神経が不調になれば、色々な病気が現れてきます。「心臓神経症」「気管支喘息」「過敏性腸症候群」などがあります。

放っておくと命にかかわるという病気ではありませんが、このような症状があれば、毎日が憂鬱な気分になって、気が滅入ってしまいます。多くの場合、自律神経が不調をきたす原因はストレスから来るのです。

自律神経イメージ

自律神経が不調をきたせば、変なものを食べたわけではないのに、毎日おなかが痛くなり、」下痢をする症状が起きたり、人に囲まれると急に動悸が激しくなったり、めまいを起こしたりするような症状が現れることがあります。

すべて自律神経が不調を満たしているために怒るのです。自律神経に不調を落とさないためには、セトロニンを多く分泌するように促すことが大切になります。

「太陽の光」と「リズム運動」は、セロトニンを活性化させる重要な鍵を握っていることが分かっています。セロトニンを活性化させて、心と体をベストな状態にすることで、ストレスのない健康的な体を作ることが出来るのです。

また、セロトニンが多く分泌されていれば、多少のストレスがあっても自律神経が不調になることはないのです。ストレスに打ち勝つ強い心もセロトニンの分泌によって作られるのです。

HOME | セロトニンと姿勢の関係 | セロトニンと自律神経 | セロトニンとうつ病 | 朝食でセロトニンを分泌 |
呼吸でセロトニンを活性化 | 家事でセロトニンを活性化 | セロトニンを増やすには

 

Copyright セロトニンのすべてがわかる All rights reserved.

privacy