朝食でセロトニンを分泌

セロトニンの活性化は「噛むこと」にも深いかかわりがあります。「噛むこと」は、食べることにつながります。食べるときに一生懸命何度も噛むことで、セロトニンの活性化の効果につながっていくのです。

朝食でセロトニンを分泌させるには

セロトニンを活性化させるためには、リズム運動を行うことが有効的です。リズム運動の中でも散歩やジョギングをして、太陽の光を浴びることで、多くのセロトニンが分泌されます。

しかし、時間がないため散歩やジョギングを毎日行うことが出来ない場合には、朝食の取り方を工夫すればOKです。

セロトニンの活性化は「噛むこと」にも深いかかわりがあります。「噛むこと」は、食べることにつながります。食べるときに一生懸命何度も噛むことで、セロトニンの活性化の効果につながっていくのです。

朝食

朝食を食べない人がいます。時間がないから、食欲がないからなど、理由は様々あるでしょう。しかし、朝食を食べないことは、噛む行為がなされないのです。ですから、セロトニンの分泌も促されず、頭がはっきりと目ざめないのです。

朝は、食欲がない人もいるでしょう。そんな人も、ジュースならば、お腹の中に入れることが出来るのではないでしょうか。野菜や果物を使って作るフレッシュジュースは、飲むだけでもいいのです。この時に、飲んで流し込むのではなく、出来るだけ、噛みながら飲むことが大切なポイントです。

また、ガムをかむこともセロトニンの活性化につながっていく効果があります。朝食を取らない、ジュースも飲まないのであれば、いつもよりも長めの時間ガムを噛んで見れば、頭もすっきりします。

現代人のあごは無かにの人と比べ、小さくなっているといわれています。噛む力が昔の人に比べて弱くなっているので、あごも小さくなっているのです。あごが小さい顔は、格好いいかもしれません。しかし、噛む力が極端に弱く、セロトニンが弱っている人は、キレやすいとも言われているのです。

HOME | セロトニンと姿勢の関係 | セロトニンと自律神経 | セロトニンとうつ病 | 朝食でセロトニンを分泌 |
呼吸でセロトニンを活性化 | 家事でセロトニンを活性化 | セロトニンを増やすには

 

Copyright セロトニンのすべてがわかる All rights reserved.

privacy