セロトニンとは?

セロトニンは、心と体のバランスを安定させるために必要な脳内情報伝達物質です。セロトニンが不足する事態が起きれば、姿勢が悪くなり、表情が暗くなります。また、心のバランスが崩れ、イライラが募ったり、キレやすくなったり、うつ病になる場合もあるのです。

セロトニンについて

セロトニンとは、私達の脳の中に存在しています。

私達の脳は、あらゆる情報を体の細部にまで伝達するために、何種類もの神経が張り巡らされています。神経はその先端から、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン等の物質を放出し、神経の先端でそれを受け取ることで、次々と情報の伝達を行っているのです。

「毎日やる気が起きない」「落ち込みやすい」「毎日楽しいことがない」「毎日が憂鬱だ」などと感じている人は、もしかすると、セロトニンが不足している状態にあるのかもしれません。

現代人は、セロトニンを欠乏しやすい状況にあります。仕事や勉強が忙しく、毎日追われた生活を送っている人、気力がわかない生活を送っている人など、セロトニンを欠乏しやすいのです。

近年、心の病を抱えている人が増えてきている状況があります。うつ病を病んでいる人や心が不安定な人は、セロトニンを自らが弱らせている場合もあるのです。

いつも元気よく楽しい毎日を送れるためには、セロトニンを意識した生活を送ることが大切なのです。

セロトニンの作用

セロトニンが欠乏すると、心と体にバランスが不安定になり、キレ安くなったり、うつ病になったりすることもあります。セロトニンを意識して生活することで、セロトニンの分泌を増やすことが出来るのです。

ストレスや不規則な生活はセロトニンを減少へと導きます。ですから、規則正しい健康的な生活をすることで、セロトニンを取り戻すことが出来るのです。

人間は、1日24時間の周期で生活を送っています。はるか昔から人は、太陽が上がれば起きて活動し、太陽が沈目場、次第にねむくなっていました。

人間には、体内時計が組み込まれているために、睡眠や食事のタイミング、また、活動するタイミング等を知らせてくれていました、規則正しい生活を送ることで、体温やホルモンバランスは正常に保たれているのです。

セロトニンイメージ

セロトニンは覚醒する働きを持っています。体内時計が狂って、目覚めが悪い日が続くのであれば、セロトニンが不足しているのです。

24時間営業の店舗はいたるところにありますし、深夜のテレビやテレビゲーム、インターネット等、現代人にとって、夜を過ごすために苦労することはありません。人の生活が深夜型になるにつれ、セロトニンはどんどん欠乏していくことになるのです。

朝早く目覚めることはセロトニンにとって、とてもいい影響を与えます。早起きは、セロトニンを活性化させることが出来るのです。

ストレスがなく、規則正しい生活、適度な運動をすることで、セロトニンを活性化させ、元気に毎日を過ごすことが出来るのです。

セロトニンとストレス

人は日常生活を送る上で、多かれ少なかれストレスを感じて生きています。全くストレスを感じたことがない人など、世の中には存在しないのではないでしょうか。

セロトニンがきちんと働いて自分の役目を行っていれば、痛みに強い体を作ることが出来ます。痛みに強いだけでなく、多少のストレスでは挫けることがなくなり、強い心を作り上げることが出来るのです。

「嫌だ」「面倒だ」「憂鬱だ」という気持ちが強ければ、ストレスへと変化していきます。ストレスが重く心や体にのしかかってくると、体の不調と心の不調をきたすことになります。

ストレスは心と体の悪循環により、もたらされるのです。心に不調をきたせば、体にも不調をきたします。体にストレスがたまれば、心が弱くなっていくのです。このような悪い悪循環を防ぐためにも、セロトニンを強くすることが大切なのです。

セロトニンが弱い人は、気分が沈みがちであったり、表情が暗かったり、間接の痛みが現れたり、ストレスが貯まりやすかったりします。逆に、セロトニンが強い人は、気持ちが明るく、表情が豊かで、姿勢もよく、体が元気いっぱいなのです。

セロトニンが多く分泌されていれば、体も心も若々しくいられることが出来るのです。 セロトニンを強くすることは、ストレスを減少させることで、心の不調と体の不調から守ることが出来るだけではなく、若々しい体を作り上げ、健康を増進させることが出来ます。結果的に寿命を延ばすことにもつながって行くのです。

HOME | セロトニンと姿勢の関係 | セロトニンと自律神経 | セロトニンとうつ病 | 朝食でセロトニンを分泌 |
呼吸でセロトニンを活性化 | 家事でセロトニンを活性化 | セロトニンを増やすには

 

Copyright セロトニンのすべてがわかる All rights reserved.

privacy